ショウガオールで梅雨の時期のつら〜い頭痛が劇的に改善!?

いよいよ日本列島にも梅雨が到来!!

夏になるまで悩まされる梅雨の問題!

今回は特に梅雨の気圧の変化で重症化する頭痛に注目しました。

頭痛を軽くする栄養素やサプリについてもご紹介!

feel

1年のうちもっとも体調を崩しやすい時期とは?

5月〜7月は一年の中で最も雨が多い梅雨がある時期でもあります。

この時期に頭痛が重症化してしまい悩まされいるという方は多いといわれています。

梅雨の時期は特に寒暖の差が激しく体調を崩しやすい時期でもあるので、できるだけ頭痛は予防して乗り切りましょう!

気圧の変化や梅雨の時期に悩まされいる頭痛。なぜ起こるの?

なぜ特に梅雨の時期には頭痛が起こりやすくなるのでしょうか。

毎年、梅雨の時期になると特に頭痛が重症化しやすい方はぜひ参考にしてみてください。

「低気圧」という言葉を梅雨の時期によく耳にすると思います。

この「低気圧」とは一体どんな状態なのでしょうか?

低気圧

梅雨の時期には温暖前線と寒冷前線のどちらも停滞するので、気圧はとても低くなります。

気圧が低くなると、空気中の酸素濃度が低くなり、空気が少なくなります。

“空気が少ない”という言葉だけを聞くと、息苦しいイメージを持ってしまいがちですが、生活をしていても特に何も感じないと思います。

ただ、通常と違い酸素の濃度が低い空気を吸うので、血液中の酸素の量は低下してしまいます。

血液中の酸素量が低下すると、血管は拡張し、神経を圧迫するので頭痛が生じるのです。

これが、気圧の変化による頭痛のメカニズムになります。

ただ、すべての人が頭痛を起こすわけではありません。

では、一体どんな人が頭痛を起こしやすい人なんでしょうか。

頭痛を起こしやすい人の特徴とは?

慢性的に頭痛に悩んでいる方はあまり当てはまらない項目かもしれませんが、頭痛を引き起こしてしまう原因というのがあります。

まずは、日頃から疲れやストレスがたまっている人。

疲れやストレスは自分で感じる他にもまず体に不調が訪れます。

定期的にリフレッシュする環境が必要ですね。

頭痛

他には、甘いものや冷たいものを普段からよく口にする人。体が冷えている人。余分な水分を体に溜め込みやすい体質の人などです。

遺伝なども関係してしまう頭痛ですが、予防方法がありますので参考にしてみてください。

頭痛を引き起こさない為にできる予防方法とは?

身体の冷えは万病を引き起こすとも言われていますが、頭痛に冷えは大敵です。

特に梅雨〜夏にかけて不快なジメジメとした空気になりますので、ついクーラーをつけたり、薄着になったり、アイスや冷たい飲み物を摂ったりしがちですが、身体が冷えると、首や肩のコリを引き起こすので頭痛を誘発しやすくなります。

夏前のジメジメには除湿を心がけましょう。

また、身体に水分を溜めこみすぎないように尿と一緒に余分な水分を体外へ排出してくれる、利尿作用のあるものを食べるように心がけましょう。

お肉、発酵食品、チョコレートなどは頭痛を促す作用があるといわれているので食べ過ぎには注意しましょう。

頭痛

片頭痛持ちは脳梗塞のリスクが7〜25倍!?

梅雨の時期はもちろん、時期を問わず慢性的な頭痛にお悩みの方は要注意です。

頭が痛いときは、頭痛薬を飲むことで痛みは和らぎますが、実は体の中でとてもこわい現象がおきています。

それは、頭痛が起きるたびにできる、小さな損傷です。

人間の体は、頭痛が起きるたびに脳血管に小さな損傷ができます。

とても小さな損傷ですが、その損傷が何年・何十年と積み重なってくると、脳血管がもろくなり、一般の人の“7〜25倍”、脳梗塞を起こしやすくなってしまうという論文が報告されています。

脳梗塞は寝たきりになる原因の20%以上とも言われていて、死亡原因のひとつにもなっている怖い病気です。

では、頭痛を慢性的に起こさないようにするためにできることは何でしょうか。

頭痛を予防する栄養素!慢性頭痛を軽減するショウガオールとは?

頭痛は血管を良好な状態に保つことが一番重要です。

では、血液を健康に保つ栄養素とはなんでしょうか。

頭痛を軽減させる特に重要な3つの栄養素をご紹介します!

栄養素

ショウガオール

生の生姜を乾燥・加熱したときにショウガの中に含まれるジンゲロールの一部が変化したものがショウガオールになります。

ただ、100℃を超える高温で加熱してしまうと、ショウガオールには変化しないので調理して作り出すことが難しい栄養素です。

ショウガオールと頭痛の直接的な関わりは、血液の凝固を抑制し、

血液循環を促すことで血流が良くなり、頭痛の原因になる血管の拡張を防ぐ事ができます。

また、痛み・熱などにより組織が損傷を受けた時に生成される物質(プロスタグランジン)の働きを弱め、血管を健康に保つ働きもあります。

特にショウガオールは、頭痛だけではなく人間の体に対して優れた作用・効果を及ぼすことが知られています。

疲労からくる肩こりや低血圧、新陳代謝が活発になるので冷え性の人の体質改善になり、筋肉疲労を和らげる効果もあります。

女性にもうれしい効果はダイエットにも必須な事です。

ショウガオールを摂取すると血行が促進され、血のめぐりを良くするため、体を温める作用があります。

体温が高まることで、脂肪を燃焼させるので、運動をしなくてもダイエット効果を期待できます。

ただ、漢方などと同じで、食べてすぐ治るというわけではありません。

毎日少しずつ摂取することで、効き目が表れくるので日々の食事に積極的に取り入れてみてください。

DHA・EPA

人間の体で作る事ができない成分なので、外から体に取り入れる必要があるものになります。

青魚に多く含まれているというのはよく知られていますが、1日に必要な量1日1gを摂取するには8〜9人前の刺身を食べなくてはいけません。

血管を老化させる悪玉コレステロールや、中性脂肪を減らし血液をサラサラにする働きがあります。

DHAやEPAは、血栓や動脈硬化・がんの予防、血中の中性脂肪やコレステロール濃度の低下作用、血圧の降下作用、免疫力の向上、アトピーやじんましん、ぜんそくなどのアレルギー抑制作用など多数の健康効果が実証されています。

頭痛軽減に必要なショウガオール・DHA・EPAは簡単に摂取するというのが難しい栄養素になりますのでサプリなどが効果的ですね。

サプリメントを取り入れることで、梅雨の時期にも慢性的にも頭痛が起きにくい健康な体を手に入れてくださいね。