なぜ人気?自宅で作れるギー(ghee)は美肌の効果抜群でスーパーモデルも実践!

ローラが紹介して日本でも一気に話題になったギー(ghee)。

ハリウッドスターやスーパーモデルも日々の食事に取り入れている!

彼氏や夫を自分だけに夢中にさせるために綺麗なお肌が必須!!

すっぴんでも大丈夫な程つるつるな素肌になる方法!

feel

今年一番話題の「ギー(ghee)」って何?

料理の部門でもとても人気の高いローラですが、彼女の作る料理に登場するオイルがあります。

ハリウッドスターやスーパーモデルも使用していると有名で、美容に関心のある女性から今注目を集めています。

ココナッツオイルやチアシードなど、色々体と美容に良いフードが定着していますが、今売り切れ必須のスーパーフードをご存知ですか?

その名は『ギー(ghee)』です。

ギーバター』とも呼ばれますが、数あるオイルの中でも特に上質なオイルで健康にはもちろん、美容やダイエットにまで高い効果を発揮してくれるオイルなんです。

美容にはオイルが欠かせないですが、どんな成分でどんな風にして作られたオイルを使うかが美容に効くかの重要なポイントです。

ギーを購入する際にはオーガニックギーを選びましょう。

品質管理をきちんとしていなく、ジャンクなオイルや食べ物を摂取し続けていると、体にもお肌にも悪影響です。

普段から口にしているものがそのまま体に表れるといっても過言じゃないほど、体に取り入れるものには気をつかいたいですね。

なぜスーパーフード「ギー(ghee)」がここまで流行っているのか?

実際に、ジャンクなものを気にせず食べている方と、食生活に気をつけている方では、若い時はそんなに差がないものの、年齢を重ねるたび大きく差が出てきます。

20代〜50代の男性に「女性の見た目はどんなところに目がいくか」というアンケートを取ったところ、

“お肌”という回答が体型よりも多く票を獲得しています。

注目してほしいのが、年代を重ねるごとに“女性のお肌のきれいさ”を気にする票が多くなる傾向にありました。

いつも近くにいる奥さんや、30代以上の彼女のお肌を、女性が思っているよりも男性はよく見ているという事なんです。

つまり、いつまでも彼を夢中にさせるポイントは綺麗なお肌づくりが重要なんです!

ギーとアーユルヴェーダの密接な関係

ところで、「ギー(ghee)」とは一体何なのでしょうか。

「ギー(ghee)」をご紹介する時に必ず聞くキーワードが「アーユルヴェーダ」です。

アーユルヴェーダ

アーユルヴェーダといえば、スパなどで受けれるリラックス効果の高い施術ですが、もともとギーは、インドの伝承医学アーユルヴェーダで特にすぐれたオイルとして大切にされてきたオイルです。

伝承医学アーユルヴェーダって何?

◇アーユルヴェーダとは◇

アーユルヴェーダとは5000年前に古典書が編纂されたといわれるインドの伝承医学で、WHO(世界保健機関)も世界最古の医学と認めるぐらい、現代のあらゆる医学の元となったともいわれる自然療法。

現代の医学のように病気の起きた箇所に注目して、薬や生活改善を施す治療法とは違い、病気の起きた原因根本にまで立ち戻って治療法を施します。

治療法としては、その人の体質に合った食事や薬を診療し、ライフスタイルの改善から体内のクレンジングやマッサージを行う事から始め、自然由来のハーブやスパイスを用いてお薬とします。

その際に使われるものの中で、南インドを中心にギーはとても重宝されてきました。

アーユルヴェーダの古典書「チャラカ・サムヒタ」では、ギーについてこのように記述されています。

「記憶力、知力、消化力、精力、活力、カパ、脂肪を増大させ、毒物、錯乱、ヴァータ、ピッタ、疲労、不幸、発熱を除去し、油脂類の中で最もすぐれている。

ギーは用い方によっては無数の効果をあげることができる。」

まさにオールマイティな魔法の油とも言えます。

「ギー(ghee)」はバターに似ているが、何が違う?

ギー(ghee)の見た目はバターのようですが、味や香りはもっと香ばしく甘く感じます。

では、ギー(ghee)って何でどんな風に作られているのでしょうか。

伝統的な作り方は牛や水牛、ヤギのミルクを沸騰させた後加熱殺菌し、発酵させたものを今度はゆっくりゆっくりと加熱します。

このとき溶けた脂肪分が金色になります。

そして、余分な沈殿物が徐々に褐色になったら、ろ過をします。

こうしてギー(ghee)に不用な成分をろ過して取り除いた純粋なものが「ギー(ghee)」です。

ギー(ghee)

ちなみにここで取り除かれているものは、水分、糖質、たんぱく質などです。

この方法を用いれば、実は自宅でも簡単に作る事ができます。

しかもバターと違って、冷蔵庫での保管は必要ありません。

南インドのように常に気温が高い地域でも常温で保管する事ができる特徴があり、

料理用の「摂る」油としてだけではなく、マッサージオイルとして体に「塗る」油としてもさまざまな魅力を持っています。

ギー(ghee)の豊富で高い栄養価が美容と健康に良い影響

ギー(ghee)には高い栄養価がありさまざまな効果を発揮しますが、中でも美容と健康に良い影響を与える代表的な成分を紹介します。

ダイエットや美容・健康など、女性にとってうれしい効果・効能がたくさん含まれています!

美容と健康に良い影響を与える代表的な成分は?

ビタミン

多く含まれているのは、ビタミンAとビタミンE。他にもビタミンDとビタミンK2も含まれています。

ビタミンAは老化や動脈硬化を防ぐ抗酸化作用がとても高く、皮膚や粘膜のターンオーバーを正常に保持し、アンチエイジングにも効果的です。

また、ビタミンEは強い抗酸化作用があり、老化防止や生活習慣病の予防と改善、ホルモン分泌の調整などにも役立っているので、年代問わず摂取したい栄養素です。

老化防止

共役リノール酸

少し聞きなれない成分ですが、共役リノール酸は体内ではほとんど作られない成分になります。

この共役リノール酸の働きは、体内で蓄積した脂肪を分解・燃焼・抑制する働きがあるので日常的にギーを摂取することによって、ダイエットサポートが期待できます。

中鎖脂肪酸

脂肪と聞くと太ってしまうイメージを持たれがちですが、中鎖脂肪酸は体内に入るとすぐにエネルギーに変わり、脂肪の分解、燃焼をサポートする効果があります。

また「キラーT細胞」という細胞の生成を施す働きがあるので、免疫力が強化されます。

このキラーT細胞は、ウイルス感染細胞やガン細胞などを発見して破壊する、健康には欠かせない細胞なので、健康な体のためには必要不可欠な細胞になります。

キラーT細胞

短鎖脂肪酸

こちらの脂肪酸は、腸内を弱酸性にして悪玉菌の増殖を抑制、腸内環境を改善する働きがあります。便通を良くするのはもちろんですが、免疫機能も高まります。

消化器官の粘膜を刺激して、水分やミネラルなど栄養の吸収を促進します。

リノール酸

緑の牧草を食べる牛からギーバターが作られた場合は、共役リノール酸(CLA)の高いレベルの栄養素が含まれます。

今、話題の「ギー(ghee)」をおススメする理由

オーガニック「ギー(ghee)」をおススメする理由はここにもあります。

この共役リノール酸は、とてもすばらしい成分で、一部だけご紹介すると、

  • 関節リュウマチなどの慢性炎症から保護
  • 悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす
  • 心臓病・前立腺・肺・乳癌がんを防ぐ
  • 前立腺、筋肉を付けるのに役立ちます

他にも良い成分は含まれますが、代表的なものだけを見ても、その高い栄養価に驚くと思います。

ギー(ghee)は、体の中から摂取するだけではなく、美容液やボディオイルとしても効果を発揮するので、肌や身体全体の気になる部分に塗ることもできます。

傷の治療にも使われているので、直接傷につける事もできます。

傷跡を残すことなく治すことができるので活用したいですね。

今回は「ギー(ghee)」がどうゆうものなのか、その成分についてご紹介しましたが、次回は、日本人にはあまり馴染みのないギーの意外な使い方と、自宅での作り方をご紹介します。