日本古来からの六曜占い!意味をきちんと理解している人は少ないのでは?

日本人なら誰もが知っている「六曜」。

でも意味を全部知っている人は少ないのでは…?

六曜の意味は?

案外知られていない 縁起のいい順とは?

最近六曜占いなんて名前になってますが、何かを始めるときにぜひ気にしてほしい「六曜」についてご紹介します!

feel

カレンダーを確認しよう!日本で古来から使われている六曜占いって?

六曜」とは日本人なら誰もが知っているものですよね。

カレンダーについているアレです。

結婚式や葬儀を行うときに大安、仏滅、友引等の六曜を気にする人は非常に多いですよね。

でも六曜すべての意味をきちんと理解している人は少ないのでは?

今回は、六曜の意味と、縁起がいいとされる順番をご紹介します!

日本人なら絶対知っておきたい六曜の意味、覚えてまわりに教えちゃいましょう!

そもそも六曜とは?一体いつから日本ではじまったのか

六曜は先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6種類があって、現在一番使われているものといえば、吉凶判断として冠婚葬祭等の儀式を行う日取りを決める際に活用されていますよね。

実はこの六曜、元々は室町時代に中国から伝わった占いが元になっているんです。

カレンダー

今は当たり前にある曜日ですが、昔は今のように日曜日〜月曜日なんてゆう曜日はなかったので、代わりに、旧暦の1ヶ月30日を5つに分けて日を区別するために六曜を曜日として使っていたんだそうです。

ところが明治時代に入り旧暦から新暦へ移行した段階で「吉凶付きの暦は迷信」として政府が禁止してしまったんです!!

そして『禁止された暦』というのが却って注目されてしまって、「吉凶付きの暦」というものが広く日本にも広まっていったんです。

それに、六曜の読み方は複数あって実際に何が正しかったのは正確にはわかっていないんだそうです。(ちょっと信憑性にはかけますね…汗)

今回は「現在」一般的に使われている意味に則ってご紹介します!

カレンダーさえあれば毎日簡単に確認できる!もっとも身近な占い?!

その日の六曜を確認するには、ネットで検索するのもひとつの手ですが、カレンダーがひとつあればいつでも気軽に確認できるので楽ですよね。

日本では行事があるときによく使われていて、「仏滅だからしないほうがいい」なんて聞きますが、

仏滅・大安以外の 六曜がどんな意味か、縁起が良いと言われる並び方はどうなっているのかをきちんと知っている方は少ないかと思います。

六曜とは

  • 大安(たいあん)
  • 友引(ともびき)
  • 先勝(せんしょう・さきがち)
  • 先負(せんぶ・さきまけ)
  • 赤口(しゃっく・しゃっこう)
  • 仏滅(ぶつめつ)

の六つでできています。

■大安

意味は、「大いに安し」

つまり六曜の中で「万事吉で成功する日」ということになります。

結婚式や結納など慶事を行うことが多いですよね。

結婚すると良い日は

■友引

昔の共引は、「つまり勝負事は全て引き分けになる日」という意味で使われていました。

ただ、現在は「凶事に友を引く」「凶禍が友に及ぶ」なんて意味になっているので、葬儀を行うと「友」が死の世界へ「引」き寄せられるという、少し怖い迷信になっています。

最近では信じる人が多いことから火葬場が休日とされている地域が多いのはこのせいです。

ただ、葬儀など以外は、「幸せのお裾分け」と解釈して引出物やお祝いの品などをを発送する人も多いです。

ただ、注意したいのは「昼前後11時から13時の間は凶」とされているので、

結婚式を行うときにはその時間帯を避けたりもします。

■先勝(せんしょう・さきがち)

読み方はどちらでも。

意味は、「先んずれば即ち勝つ」。

つまり急ぐことが吉とされています。

午前中に物事を行うのが吉と言われていますが、午後二時から六時までは凶との事。

他の六曜と違うところは、結婚式を行う際、午前中に式を「開始」すれば午後まで差し掛かっても問題ないとされています。

■先負(せんぶ・さきまけ)

読み方はどちらでも。

意味は「先んずれば即ち負ける」。

先勝とは逆の意味合いになり、午後に物事を行うのが吉で、午前中は凶とされています。

ちなみに先負の日は、何事も控えめにして平静を保つべき日とされていて、勝負事や急用を避けるべき日だと言われています。

■赤口(しゃっく・しゃっこう)

読み方はどちらでも。

陰陽道に使われる「赤舌日」という凶日が由来の六曜です。

午の刻と言われる午前11時から午後1時までだけ吉で、それ以外は凶です。

特に慶事には「大凶」といわれているので、結婚式や祝い事は避けたい日です。

法事を行うのは問題ありません。

特に血を連想させる「赤」が入っているため、刃物を持つ仕事の人は注意した方が良い日とされています。

ちなみに、なぜ午の刻だけ吉なのかというと、赤口の「赤」が「強い太陽」が出ている昼を意味して、この太陽の気が口先だけ出るのが「赤口」ということからです。

■仏滅

意味は「仏も滅するような大凶日」。

六曜の中で最も凶の日とされています。

結婚式などの慶事は避けるかたがほとんどです。

葬式や法事は行っても問題ありません。

終日凶とするのが通説となっていますが、最近は午後が縁起が良いとする説もあるので、「仏滅婚」なんて午後に結婚式をする方なんかも増えているそうです。(結婚式の料金が割引になるんだとか…)

結婚に選ぶとお得な日は?

六曜の順番ってどうゆうふうに決められている?知ると六曜占いがしやすくなるルール!

六曜の順番について、実はルールがあります。

旧暦月の1日は月ごとに決まっています。

1月・7月
→先勝
2月・8月
→友引
3月・9月
→先負
4月・10月
→仏滅
5月・11月
→大安
6月・12月
→赤口

つまり、1月1日は必ず先勝から始まり、4月1日は仏滅からはじまります。

そして、2日目からは、決まった順番で進んでいきます。

六曜の順番は先勝、友引、前負、仏滅、大安、赤口の順です。

カレンダーを見て(あれ?違う)と思った方がいたはずです。

実は六曜とは「旧暦」の暦に対応して決まるんです。

旧暦は月の満ち欠けをベースにしたもので、新月の日を一日として数え、ひと月はおよそ29.5日なんだそう。

つまり、ひと月が29日の月と30日の月が交互にやってきます。

ただ、現在のカレンダーに旧暦の日付の表記はないですよね。

なので、現在のカレンダーの六曜は1月1日が先勝から始まっていない事が多いです。

それに、変なところで六曜の順番が飛んだり、なくなったり、不思議な現象が多々あります。

現在のカレンダーを見てみると、旧暦の月が変わるときに六曜の順番が飛んでいるのがわかりますよ。

今1週間は7日ですが、旧暦は1週間が6日だったと考えるとわかりやすいと思います。

縁起の良いとされる順番は?カレンダーにある六曜で気になる並び順!

実は…

六曜の縁起がいい順ってないんです。

なぜかというと、慶事や葬儀によって意味合いが違ってくるから。

六曜は単純に順位を決められないんだそうです。

ただ、一般的に結婚式などのお祝いごとの時には良い順というのが存在します。

(結婚式など)六曜の良い順

  • 1番目 大安
  • 2番目 友引
  • 3番目 先勝

ただ、気を付けてほしいことはそれぞれの時刻です。

前でも紹介したとおり、友引は「正午が凶」で、先勝は「午前中が吉」になります。

やっぱり今も大安が一番人気だそうですね!

ちなみに…

葬儀では友を引くという意味から友引を避ける」と少し怖い説明しましたが、

結婚式

結婚式を友引にしたら、「結婚の幸せに友を引く」という意味になるかどうか…。

答えはNOです。悲しいですが、逆パターンの言い伝えはないそうです。

気軽にできるおみくじ占いのような六曜。毎日カレンダーをチェックするだけ!

よく仏滅と赤口のどっちが悪い日かなんて話題になってますが、一般的には仏滅の方が最も悪い日とされているそうです。

六曜の悪い順

  • 1番目 仏滅
  • 2番目 赤口
  • 3番目 先負

赤口は昼以外が大悪日とされていて、「お祝いごとや新しく始めることを慎むべき日」とされています。

ただ、「午の刻(11時から13時)だけは吉」となっているので、仏滅と違う点は、結婚式を正午前後に開始するパターンも最近は増えているそうです。

占いのようでもあり、迷信のようにも見えますが、古く昔から、日本人のさまざまな行事の日を決めるガイド的な役割になっている六曜。

迷ったときに 「毎日おみくじ」のような感覚でチェックしてみると良いかもしれません!