日本女性に増え続ける乳がん!検診を定期的に受けてるのに見つけにくい乳がんとは!?

乳がん公表から…今現在の小林麻央さんの状況は?

健康診断や乳がん検査がかえってこわい結果を生むことに!?

知りたくなかった乳がん検査のデメリットも。

悲しいときにオススメの行動もご紹介♪

feel

乳がん公表から…今現在の小林麻央さんの状況は?

歌舞伎俳優、市川海老蔵さんの奥さん、小林麻央さんですが、先日動画でひさしぶりに姿をみれましたねー。

乳がんの公表から姉妹ふたりとも、すっかりテレビで見なくなりましたよね。

正直に言ってしまえば…

海老蔵さんにも麻央さんにもまったく今までプラスの意味での興味はなかったんですけど、お病気を発表してからさりげなく情報をチェックしてます。

市川海老蔵&小林麻央

というのもわたしの祖母が乳がんでなくなっているし、がんで亡くなっている父方の親戚が多いからなんです〜。

「がん家系」

とか

「遺伝的なものはない」

とか

情報はいろいろですが、結構親戚にがんで亡くなっているひとがいると、心配になります。

それに麻央さんの場合、まだこどもたちが小さすぎて…泣

さすがのわたしも、早くよくなってほしいと願うばかりです(;O;)

更新されたブログで子供たちとの写真もアップ

麻央さん、6日にブログを更新してました。

長男の勧玄くんから手作りキャンディをプレゼントされたんだそうです)^o^(

今、勧玄くんは図画工作に夢中になっているみたいで、プレゼントされたキャンディを持った自分の写真や、工作中の勧玄くんの写真もアップしてました。

小林麻央

「お腹はいっぱいにならないけれど胸がいっぱいになるわ」なんて書いてました。

ちなみに、キャンディの中身は丸められたテッシュで、さらにその中には丸い発泡スチロールが入っていたみたいで、色々工夫して本物に近いキャンディーになるようにしたんだねーなんて感心しちゃいました!

麻央さんも、「!!!工夫されてる!!!かんかん、成長してる うれしい気持ちでそっと、閉じ直しました」って成長を喜んでいて、ほほえましくなりましたー。

でも閉じ直したときに少し破いてしまったそうです。

そのときに「痛いのに、変なことするんじゃなかった」って嘆いてました。。。

痛みが増してきてるみたいで放射線治療を再開…

ここ最近は、痛み止めの量を増やしてもまた痛みが増してきてるみたいで、痛みは心折れますって苦しんでるみたいでした。

緩和ケアっていう先生がいるみたいで、先生にアドバイスをもらっているんだって。

きっと麻央さんもなら、最新で色々完備された治療をしているんだろうけど、痛みが和らぎ、穏やかな気持ちでいられる時とそうでない時の落差があるって書いてました。

それに痛み止めがきかなくなって、放射線治療を再開するとも書いてました。

海老蔵の奥さん・小林麻央さん闘病中・乳がんと発覚してからの経過

これまで麻央さんは、2014年10月に乳がんと診断されて以降、去年9月下旬に根治手術ではなく、QOL(生活の質)向上のための手術というものを受けて、左胸の乳がんを摘出済。

10月には基本的に自宅にいたようですが、11月からは1カ月間の間に25日、放射線治療を受けたみたいです。

そして、治療の副作用による激しい痛みが続いてしまった、クリスマス前に再入院になったようです…。

入院のタイミングも悪いですね。きっとおうちで過ごしたかっただろうなぁ。。。

小林麻央

放射線治療の再開は痛みのある部位だけに放射線をあてて、痛みの軽減も期待できるみたいですね。

痛みって精神的に辛くもなってしまうし、できることなら痛みがないように生活させてあげたいですよね…。

自分でみつける乳がん早期発見方法とは?

ところで、乳がんってどうやって見つかるのか。

きっと会社の健康診断なんかで検診済の方も多いかと思いますが、これを期に女性系のがんについて詳しく知っておきましょ(._.)

乳がん検査で使うマンモグラフィーのデメリットは?

一般的に乳がん検査と言えば、専用のレントゲン検査としてマンモグラフィーで検査しますよね。

でもこのマンモグラフィー、大きな問題点があるんです。

マンモグラフィー

マンモグラフィー検査は万能ではない!?

それが何かっていうと、 マンモグラフィー検査では乳ガンは白い塊として映るが、母乳をつくる乳腺も白い影として映ってしまうんだそうです。。

乳がんが見つけにくい「高濃度乳房」

しかも乳腺密度が高いほど画像上全体的に真っ白になるみたい。

だから、一部がガン化して白くなっていたとしても同化して見分けがつかなくなってしまうっていう欠点があるんだそうです。

日本女性に増え続ける乳がん

しかも、日本人は民族的にみても乳腺が多く、若いほど乳腺密度が高いという特徴があるんだそうです!

つまり、一般的に行われているマンモグラフィ検査だけでは、乳がんは発見されにくいから。

特に結構若いときに気づかれずに放置されてしまうんだそうです。

乳がんにかかりやすい年齢・年代

ちなみに、乳がん罹患年齢はピークが40代で、50歳以上の女性も非常に多いみたいです。

アメリカでも日本と同じで、マンモグラフィが推奨されているみたいですが、日本人に比べて乳腺密度は低いから発見も早くできるみたいですね。

マンモグラフィーだけで、早期発見が難しいってわかっているのに、なんでいまだに一番多く使われているんだろう。。。(._.)

あと、健康診断とかでしこりがあっても見逃されて、良性と判断されたものが、実はがん細胞だったなんて話もよく聞ききます。。

検査の意味・・・汗

「乳腺病理セカンドオピニオン」という考え方

ちなみに「乳がん誤診経験者」って検索すると結構経験者がいるんですよー!

良性のしこりと判断されたパターンや、悪性だけど、少し様子みてからの方がいいと判断されたパターン。

さまざまですが、病院によって経過診断するところもあるみたいなので、ちょっと変だなって思ったら、病院を変えてみるとか行動したほうがいいかもしれません!

ちょっと怖い・けど知っておいた方が良い 乳がん検診のお話

ちなみにわたしの会社の当時40歳の女性上司も1年前に乳がんって言われたんですが、仮にA先輩として、A先輩は38歳の時に、胸にしこりを見つけて、変だなって思ったのですぐ婦人科に行ったそうです。

外科では異常なし、婦人科では触診のみ!?

病院の先生に一応外科にも同時に診てもらってねって言われて、外科では異常なし。

婦人科では触診のみだったそうです。

で、先生からは「良性のしこりだから大丈夫。そのうちなくなるからそのままにしておいていいよ」

って言われたそうです。

でもA先輩、その3年後に会社を長くお休みしました。

あとからきくと、しこりが急に大きくなってきたから今度は違う病院に行ったら、即切除手術になったんだそうです。

マンモグラフィーと超音波検査の比較

しこりの正体はなんと「がん」だった!

しかもしこりの正体はなんと…

「がん」だったんだって。

38歳から数年放置してしまったがために、がん細胞は大きくなってしまって、結果切除という選択肢しかなくなってしまいました。。。

A先輩は1年近くお休みして今は元気にしてますけど、もしもっと長く放置されてしまったとして、全身にガンが転移していたら…って考えるとほんとうに怖いって言ってました。

授乳中は乳がんにならないなんてウソ!サインを見逃さないで!!

今まで授乳中は乳がんにならないなんて言われてましたが、それは事実ではなさそうです…。

本当に気をつけなければならない授乳期の乳がん

ちなみに授乳期の乳がんって一番発見が難しいんだそうです。

むしろ授乳期のしこりこそ、本当に気をつけなければならないんです。

ちなみに、小林麻央さんは、長男の授乳期にしこりが見つかりましたよね。

常に自分の体の変化には敏感にならないといけないですね。。

とある占い師さんにもらった言葉に感動

先日から乳がんについて調べたり、麻央さんのブログを見ていたら、ためになる反面、やっぱりちょっと悲しい気持ちになってしまって…

以前電話占いでとっても仲良くなって、実際にお店にも数回行ったことがある占い師さんにもらった言葉を、ふっと思い出しちゃいました。

泣けば泣くほど、あなたのマイナス要素は吐きだされる!

「つらい、切ない、悩んだり反省したり、泣いたりするってことは、あなたにとって全然マイナスな事なんかじゃない。そう考える事や、涙となって流れる事で、抱えているものを無意識の世界から引っ張ってきてるんだもの。そうゆう時は、人生の流れに変化がある時だから明るい将来の兆しが見えてきますよ。また、泣くことは、心の中にあるしこりやこだわりをときほぐしている作業です。だから泣けば泣くほど、あなたのマイナス要素は吐きだされ、状況が好転するんです。何にも心配しなくていいから、自分の思うように動きなさい。」って。

我慢しないで自分の感情に素直に!

昔は悲しくなったり、泣きそうになったら、ひたすら我慢して考えないようにしていたけど、この言葉をもらって以降は、自分の感情に素直に従うことにしてます。

そうすると、前よりストレスもたまらないし、思ってた以上に人間関係がうまくいくんです!!!

悲しい感情や、泣きたい事があったときは実践してみてください。